大進ホームのお客様~お家ギャラリー~WORKS

家事をラクして、子育てに時間を!共働き夫婦の正解は『ラクいえ』でした。札幌市 M様邸

完成年 2020年10月
所在地 札幌市
家族構成 夫婦+子供1人
敷地面積 169.52m²
延床面積 109.72m²
家事をラクして、子育てに時間を!共働き夫婦の正解は『ラクいえ』でした。|お客様の声
階段下の収納はモデルハウスをお手本に有孔ボードで掃除道具を整理整頓
階段下の収納はモデルハウスをお手本に有孔ボードで掃除道具を整理整頓

共働き夫婦が新居に求めたのは、家事の時短と子育て時間の確保

「共働きでクルマを2台所有しなければならない事情もあって、子どもが生まれるわけだし、将来、資産として残せるほうがいいよね」と、妊娠をきっかけにマイホームの新築を決意したMさん。希望エリアの土地を通じて大進ホームと出合ったご夫妻の心をとらえたのが『ラクいえ』でした。
職場結婚で互いの仕事と忙しさを、十分理解し合っているご夫妻。掃除も料理も洗濯も、協力しながら一緒にやってきたけれど「子どもが生まれると、これまで以上に時間を捻出するのが難しくなるのは間違いないので、家事はできるだけラクに、どうしたらうまく手を抜けるか、そこは真剣に考えましたね。
ですから、片づけるという家事を減らせる『ラクいえ』は、すごくいいと思いました。実際にどのように片づけたらよいか、整理収納アドバイザーから具体的なアドバイスが受けられるのも、ほかにはない心強い取り組みですよね」とご主人。「この家を建てていなかったらどうなっていたか......」と、奥さまもホッとした表情です。

キッチンの壁面収納は奥のモノの取り出しやすさにも配慮
キッチンの壁面収納は奥のモノの取り出しやすさにも配慮

入居半年後に実際の使い勝手をチェック。
プロが改善点をアドバイス

もともと家事の協力体制ができていたMさん夫妻。プランニングの段階から収納や家事動線を意識した家づくりが行えることも、心強く感じたポイントのひとつ。「ふたりで話をして打ち合わせに臨んでいたつもりでしたが、理解できていないこともたくさんありました。
大進さんは当たり前ですがいくつもの事例に携わってきているので、具体例を示してアドバイスをくださるので、これまでの成功例を取り入れて収納や動線を重視した間取りづくりができました」。
入居後の住まいの定期点検にも整理収納アドバイザーが同行し、実際の使い勝手を確認。「収まってはいるけどこれでいいのかなと思うところや、美しくないなと思うところがあったので、見ていただきながら具体的にアドバイスいただけるのもよかったです」と奥さま。ご主人も「収納ケースの色や高さをそろえ、同じシリーズで揃える。見た目が揃うだけで、スッキリきれいに見えるというのは、なるほどと思いました」。

片付けの時間を短くできる分、子どもとの時間をたっぷり確保できる
片付けの時間を短くできる分、子どもとの時間をたっぷり確保できる

時短でラクに家事ができる分、子どもとの時間にたっぷり愛情注いで

Mさんにとって今回の家づくりは、家事そのものを見直すよいきっかけにもなったそう。「整理収納アドバイザーと一緒につくる家というのは、他では聞いたことのないアイデアですし、家事動線や収納の具体的な使い方まで家の設計に組み込まれているのは、すごくいいポイントだと思います。自分たちが思っている以上に家事をする時間や自分の時間、娘と向き合って遊ぶ時間をつくるのは、簡単ではありませんから」。
奥さまの言葉を受けてご主人も、「掃除にルンバを活用したり、食洗器を採用したり、家事動線のなかに収納場所を設けるなど、一つひとつの家事を効率的に行うことで、時間短縮できることを実感しています。やらなければならない家事の時間が短くなって、今までやっていなかった育児にかける時間が生まれているので、共働きの方やお子さんのいるご家庭には本当にオススメです。名前のとおり片づけるという家事が減ることで、自然とラクができる家だと思いました」